宇宙戦艦ヤマトを打った感想

宇宙戦艦ヤマトを打った。オンリーワンではなく1つ前のものだ。199分の1のスペックを打ちわずか3回転目でSTを獲得した大当たりとなった。金ヤマト、役物落ち、波動砲リーチ、赤フラッシュという流れだったが、金ヤマトという演出はこれまで何度か見たことがあるが、とても感動できるいい演出だと思った。その代り金ヤマトが出て外すと相当ショックであり痛い。その連荘は13連荘まで延び出玉は15000発になった。15ラウンドと6ラウンドの比率は約半分半分だった。199分の1の台は2万発程度は出るときは出るのでじぶんにはちょうど良いスペックだ。AKB48や銭形平次が出たころが最初だと思うが、最近はこのスペックの台が少なくなってきているような気がする。もっと199分の1の危機種に各メーカーは力をいれてほしい。特に京楽、SANKYOあたりに遊びやすい、当たり易い、面白い台を開発してほしい。今はあまりこれと言って決めて遊ぶ台が見当たらない。