パチスロファンとして言いたい事

私がパチスロにはまったのは丁度大学生の頃、年齢層ばれちゃいますけども、
その頃は5号機中期であり、ARTという概念が出だした頃でありました。
打ち続けた機種としてはエヴァや悪魔城ドラキュラ、エウレカやバイオ等等。
設定狙いでデータをとりつつほとんど毎日打ちに行っていました。
時は経ち、現在5.5号機になっておりますが。あの頃はまった毎日打てるパチスロの新機種が出ないものかと心待ちにしています。
どこに届くかもわかりませんが、一パチスロファンとしての希望を書いておこうと思います。
状況としてまずメーカーさんに把握して欲しいのは、設定がない状況を前提とした機種作り。
昔の機種は設定が無くてもコイン持ちがはるかに良かったので、遊ぶことができました。
下手すると、原稿機種のレギュラーボーナスを超えるくらいベル連で持ちメダルが増える事も多々ありました。
また、特化ゾーンなども少なくボーナス確立が高い事で下皿遊戯が出来るので、大勝ちも大負けも少なかった印象があります。
例えば悪魔城ドラキュラはKPEさんの名機だと思っていますが、ボーナスは重い印象でしたが、
チェリーはずしのチャンスゾーンのドキドキ感と自力感は設定関係なく盛り上がりましたし。
はまればはまるほどに十字架がタマっていく。特殊子役も関係ないシステムも絶妙。
音楽はかっこよく、演出のバランスも良い。
特に演出はカットインの出方によっては捨て演出がなく、どこからでも期待できる様になっていたと思います。
エヴァは出目と演出を楽しめる機種だったと思います。
最近もAタイプは増えてきておりますが、荒波とコイン持ちの悪さを感じてなりません。
またコイン持ちが悪いのでAタイプなのにノーボーナスで1時間で2万円くらい負けるとAタイプの面白さもあったものでは御座いません。
やはり、200ゲーム引っ張られてもコイン持ちがよくストレスがたまらず、演出や出目で楽しませてくれるのがAタイプの魅力だと思います。
バイオハザードもしずかーな演出で違和感があれば熱いのも好印象でした。
とかく、パチンコを踏襲し役物をつけたり、ボタンプッシュはもういらない。
子役を引いてチャンスゾーンにいれて、子役を引くシステムはいらない。
スロットの原点に戻り、出球感だけではなく、長く楽しめるバランスの良い遊戯代を愛を持って作成して欲しいと思います。